愛犬元気

愛犬元気とは

愛犬元気

愛犬元気は、ユニ・チャームが販売している総合栄養食。スタンダードなドライタイプ、お肉をたっぷり使用した缶詰タイプ、角切り肉を使用したパウチタイプの3種類を展開中。
また、子犬用、高齢犬用、大型犬用、小型犬用、肥満が気になる愛犬用として選ぶこともできます。取扱店が多く安く購入できるということもあり多くの飼い主さんに人気の商品です。

 


愛犬元気の原材料・成分・価格・口コミ

愛犬元気

愛犬元気は、小型犬用、大型犬用、肥満犬用の他に、なぜか柴犬用のフードもあります。柴犬だけ特別な栄養バランスで調整しているのかもしれませんね(^^;
こちらでは、柴犬用ではなく全犬種用のドライフード「ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り」をご紹介します。

 

 

愛犬元気「ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り」の原材料

穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、パン粉、コーングルテンフィード等)、肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフパウダー、ササミパウダー等)、動物性油脂、脱脂大豆、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、ビール酵母、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

 

 

スーパーやホームセンターに置いてあることが多い愛犬元気のドッグフード。原材料ラベルを見ると分かりますが、いちばん最初に肉ではなく穀物が表示されています。(最初に表示される原材料は配合量が多い)

 

 

トウモロコシは、穀物の中でも消化があまり良くないため、高齢犬や内蔵が弱いワンちゃんには向かないフードです。(元気いっぱいの成犬にはそれほど問題ありません。)

 

 

一方、肉原材料を見てみると、ミールやエキス、パウダーなどを使用。質が良くないということもあり、長い目で見るとちょっと心配です。また、赤色102号や106号などの着色料も含まれています。

 

 

愛犬元気「ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り」の成分

 

たんぱく質

脂質

繊維

23%以上

10%以上

4.5%以下

灰分

水分

カロリー

8.5%以下

10%以下

360kcal/100g

 

 

大量生産されているフードにしては、たんぱく質量が豊富でカロリーもそこそこ抑えられていますが、詳細がはっきりとしていない肉と人工添加物が気になります。

 

 

愛犬元気「ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り」の価格

 

容量

価格

1kg

420円

2.3kg

640円

6kg

1,680円

 

 

近所のホームセンターで調べた価格です。プレミアムドッグフードの約10分の1で購入可能です(;゚Д゚)セール時にはもっと安くなります。

 

 

愛犬元気「ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り」の口コミ

 

「愛犬元気」を購入される方は、そもそも栄養面にこだわりがないので口コミも価格や重さ、配送日数に関するものが多く投稿されています。

 

 

 

雑種・4歳くらい
インターネットでまとめ買いすると送料無料になるのでお得です。賞味期限も気になりますが、多分大丈夫かな(笑)今のところ健康です!


 

 

ラブラドールレトリバー・5歳
紙袋パッケージなので保存には向きませんが、うちのワンコはもりもりたべるのですぐになくなります。毎日使うものなので価格が安いと助かります。


 

 

シェットランド・シープドッグ・6歳
安いしどこでも売っているのでいつもこれにしています。食いつきはいいのかな?時々食べないときもありますが、そのままにしていたらだいたい食べます。もうすぐ7歳なのでシニア犬用に切り替える予定です。