膿皮症

犬の膿皮症とは

ミニチュアピンシャー

犬の膿皮症とは、皮膚に発疹ができる症状のことを言い、皮膚病の中で割とよくある疾患の一つです。感染力が高く、1ヶ所にできると他の場所にできやすいため、菌の繁殖はもちろん膿皮症を起こさないための予防をしておくことも大切です。

 


膿皮症の症状

膿皮症は湿疹を伴いだんだんと増えていくため、(場合によっては脱毛の症状も)毛が多い犬でも分かりやすいと思います。

 

 

膿皮症の具体的な症状

・赤い発疹がぽつぽつとできている
・膿を出して炎症を起こした発疹がある
・体の特定の場所がかゆそうにしている

 

 

おしっこなどで汚れやすい部分やお腹、背中に症状が出ることが多く、毛が抜け落ちることも。

 

膿皮症の原因とかかりやすい犬種

キャバリア

膿皮症は、ほとんどの場合ブドウ球菌などの細菌が皮膚に感染することで起こります。このブドウ球菌は、不衛生な状態で発生し犬の皮膚を侵食していきます。擦り傷などの怪我、老化、栄養不良で免疫力が低下している場合、特に感染しやすくなるため注意が必要です。その他、食物やシャンプーによるアレルギーが引き金になることもあります。

 

 

膿皮症にかかりやすい犬種

 

 


膿皮症の治療と予防

トリミングする女性

膿皮症が起きている原因を突き止め、その処置をすることで治療を行います。飼い主さんができることは、まずノミやダニなど寄生虫の駆除をすること。薬用シャンプーによる洗浄もおすすめします。寄生虫は、目に見えなくても存在する可能性があります。

 

 

症状が重い場合は、抗生物質療法と合わせて行います。ワンちゃんにもよりますが、ほとんどの場合2〜3週間で完治します。ただし、アレルギーやアトピーなどの併発により慢性的な膿皮症を起こしている場合には、原因を突き止めるまで時間がかかるため治療が長引くこともあります。

 

 

膿皮症は、予防可能な病気です。毛が長い犬はしっかりとトリミングを行い清潔な状態を維持しましょう。また、定期的なシャンプー(やり過ぎると逆効果になることも)、パグなどシワの多い犬種の場合は、蒸れやすい場所のお手入れも重要です。

 

 

さらに、アレルゲンになりやすい原材料を含むドッグフードも要注意です。普段から原材料ラベルをチェックすることを習慣づけ、ワンちゃんの体質にあったものを与えるようにしてください。ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化成分は、犬の免疫力を高める効果があるため積極的にとりたい栄養素です。

 

 

抗酸化成分を含んだおすすめドッグフード

 

カナガンドッグフード

ランキング1位のカナガンドッグフードチキンを原材料としたカナガンはビタミンA・ビタミンCを豊富に含むニンジン、リンゴ、じゃがいもを配合しています。特にニンジンは抗酸化作用のあるβカロテンの宝庫として知られています。
その他ハーブとして配合されているマリーゴールドには抗菌、抗炎症作用、カモミールには皮膚のトラブルを和らげる効果が期待できます。

 

>>カナガンの詳細はこちら


関連ページ

アレルギー性皮膚炎
犬のアレルギー性皮膚炎についてまとめています。 主に、食物アレルギーはフードの切り換えで改善されます。アレルゲンを特定し、適切な治療を行うことが大切です。